回生薬局TOPカイセイ薬局 情報コラム漢方・鍼灸について ≫ 漢方相談担当者の「おかげさま便り」2015年2月その1

漢方相談担当者の「おかげさま便り」2015年2月その1

回生薬局の漢方相談担当者たちが、 普段感じたことを書かせていただいております「おかげさま便り」2015年2月号 その1『東京オリンピックに向けて」です。 


漢方・鍼灸について

■漢方相談担当者の「おかげさま便り」2015年2月その1

2015.03.03


佐賀県伊万里市、福岡県福岡市の回生薬局です。

 

回生薬局の漢方相談担当者たちが、 普段感じたことを書かせていただいております「おかげさま便り」です!

 

2015年2月号 その1「東京オリンピックに向けて」です。

 

olympic-symbol

 

 東京に住む長女からメール便が届きました。

早速、開けると童話“星の王子さま”とそっくりの装丁の日記帳が出てきて

 

毎日の記録として俳句や出来事、その日の思いなど書いて見て下さい。

 

5年日記なので5年後の東京オリンピックを目指して」とメモが添えられていました。

 送られた日記帳をみて、子供達が幼かった頃の事を思い出しました。

 

忙しい日々の中、私は夜布団に入って、童話や昔話を子供達に読んで聞かせる時が楽しみでした。

 

なかでもサン・テグジュべリ作“星の王子さま”はみんな好きだったようで、何回も読んだ記憶がありました。

 

あの頃から40年経った現在、お正月に孫達が我が家に泊まりに来ました。

 

そこで私は孫たちの布団に入って「パパも大好きだった本“星の王子さま”を読むから聞いてネ」と本を広げると、

 

長男が子供達へ「パパも子供の時読んでもらったけど内容は覚えて無いんだ・・

 

どうしてかと言うと、その本を読むと、バーバが決まって泣く所があり、それが面白くて・・・・?」

 

と孫達に小声で伝え部屋を出ました。

 

私には初めて聞いた話で自分では覚えがないけど、久しぶりに読む本“おばあちゃんになって孫達の前で泣くわけにはいかない”

 

と気持ちを引き締めて読み始めました。

 

ところが物語後半、飛行士やキツネ、毒ヘビとの出会いにかかると王子様のやさしい心に感動して、

 

ナミダばかりかハナミズまで・・・

 

「やっぱり!」孫たちは大喜び、私は布団を被って寝たふりしながら、こうして家族が増え皆の成長を見守られたことに感謝し、

 

まだ先の事でありますが、ひ孫達にも本を読んであげられたらと願いました。

  
 2月3日節分の日、5年後の東京オリンピックをこの目で(開会式またはテレビ中継)

 

見るためにも今日から毎日楽しい出来事を見つけて、5年間書き続けることを“星の王子さま”の日記帳に誓いました

 平野先生拡大

ひらの でした。 特に、花粉症、蓄膿症、心の悩みなどよくご相談いただいております。


心と身体の悩みなど、ご相談いただければ幸いです。少しでも楽になっていただければと思います。


お気軽にご相談ください!! お電話、ご予約いただけると幸いです!


主勤務先:立花カイセイ薬品

お気軽にご相談ください!! お電話、ご予約いただけると幸いです!

佐賀県伊万里地区ご相談受付→  回生薬局伊万里駅前店  0955−24−9033

福岡県福岡市城南区地区ご相談受付→ カイセイ薬局荒江店  092ー841ー2306

漢方相談の受付内容はこちらをご覧ください

相談チラシ表

漢方未病ラボ薬局 イベント一覧はこちら

気軽にできる漢方相談