回生薬局TOPカイセイ薬局 情報コラム漢方・鍼灸について ≫ 漢方相談担当者の「おかげさま便り」2015年2月その5

漢方相談担当者の「おかげさま便り」2015年2月その5

佐賀県伊万里市、福岡県福岡市の回生薬局(かいせいやっきょく)です。回生薬局の漢方相談担当者たちが、普段感じたことを書かせていただいております「おかげさま便り」です!2015年2月号 その5です。「チャレンジ」について「のむら」が担当します。


漢方・鍼灸について

■漢方相談担当者の「おかげさま便り」2015年2月その5

2015.03.08


佐賀県伊万里市、福岡県福岡市の回生薬局(かいせいやっきょく)です。

回生薬局の漢方相談担当者たちが、

普段感じたことを書かせていただいております「おかげさま便り」です!

2015年2月号 その5です。

先日、聴覚障がい者の方からお話を聞く機会がありました。彼は、大手有名企業で普通の方と同じように勤務をしており、結婚をし、4人のお子さんをお持ちということでした。

 

 

彼は「障がい者の方は健常な人より情報を得るのに少し時間がかかるだけであり、本人達は不自由さをあまり感じていない」と言っていました。

 

健常者の私たちは障害を持つ方のことを「かわいそうだとか、気の毒だ」と考えがちです。

 

アメリカでは「障害を持つ人」のことを「Challenged(チャレンジド)」というそうです。Charengedというのは、「the challenged(挑戦する使命や課題、挑戦するチャンスや資格を与えられた人)」を語源とし、

 

障害をマイナスとのみ捉えるのではなく、障害を持つゆえに体験する様々な自称を自分自身のため、あるいは社会のためにポジティブに生かしていこうという意味があるということでした。

 

彼らはCharengedの方はチャレンジをする機会が人よりも多いと考えているということでした。

 

私は、自分がどのような思いで生きていくかで人生は変わるのではないかと感じました。ものの考え方1つで人の人生は大きく変わると思います。

 

 

私も、何か壁にぶつかったときなど、自分がチャレンジできるチャンスを与えられているのだと思い、その経験を生かしていきたいと思いました

   なんり拡大 のむら でした。 特に、肌荒れ、冷えなど女性特有のお悩みを受け付けております。 自分自身、そして大切な家族にも漢方で元気になってもらうよう日々精進しております。 生活養生や、食事についてもサポートさせていただきます! お気軽にご相談ください!! お電話、ご予約いただけると幸いです! 佐賀県伊万里地区ご相談受付→  回生薬局伊万里駅前店  0955−24−9033福岡県福岡市城南区地区ご相談受付→ カイセイ薬局荒江店  092ー841ー2306 漢方相談の受付内容はこちらをご覧ください 相談チラシ表

漢方未病ラボ薬局 イベント一覧はこちら

気軽にできる漢方相談