回生薬局TOPカイセイ薬局 情報コラム漢方・鍼灸について ≫ 漢方相談担当者の「おかげさま便り」2015年6月その5

漢方相談担当者の「おかげさま便り」2015年6月その5

佐賀県伊万里市、福岡県福岡市の回生薬局です。回生薬局の漢方相談担当者たちが、普段感じたことを書かせていただいております「おかげさま便り」です!2015年3月号 その3です。「~素敵な映画を觀て来ました!~ 」について「すぎ」が担当します。


漢方・鍼灸について

■漢方相談担当者の「おかげさま便り」2015年6月その5

2015.06.27


佐賀県伊万里市、福岡県福岡市の回生薬局です。 回生薬局の漢方相談担当者たちが、 普段感じたことを書かせていただいております「おかげさま便り」です! 2015年6月号 その5「~素敵な映画を觀て来ました!~ 」です。

 

 ~素敵な映画を觀て来ました!~

みなさんこんにちは! 先日公開されたばかりの「あん」という映画を観に行って来ました。

 

 

樹木希林さんが主演で、小さなどら焼き屋さんが舞台です。

 

 

簡単にあらすじを・・・雇われ店長としてどら焼き屋で単調な日々を送っていた訳ありの男性のもとへ

 

求人募集の張り紙を見て1人の老女がやって来ます。

 

やがて老女に粒あん作りを任せると、その美味しさに店はみるみるうちに大繁盛していきます。

 

しかし、この老女がハンセン病であるという噂が流れ、彼らの運命は大きく変わっていきます。

 

 

あん作りの最中に小豆をじっと見つめる老女に男性が「そんなに顔を近づけて、小豆の何を見ているんですか?」とたずねます。

 

老女が発した言葉に私は2人の世界にグッと引き込まれました。

 

原料である小豆に対する感謝と敬意を払う言葉・・ものごとの本質とはいったい何なのか?

 

人や物にきちんと耳を傾けていられているか?日常の自らを省みる、とても胸の痛い瞬間でした。

 

 

ハンセン病を患い人間の尊厳を奪われてもなお、「生きること」を貫き通す意志の強さをしなやかに体現する老女の姿に涙があふれるばか

りでした。

 

人はなんのために生まれてきたのだろう、どのように生きることが幸せなのだろう・・

 

慌しく過ごす日々の中でも立ち止まって、このような答えのない問いに対して、

 

じっくり考えてみることで何気ない日々の一つ一つが愛おしく思えてくるのだと感じました。

 

映画全体的に観るものの想像力に任せた部分が多く、本当に良い意味で無駄のない素晴らしい映画でした。

 

 

九州も梅雨入りし、外出もおっくうになって来ますよね!「

 

晴耕雨読」・・・雨の日に読書をすることはなかなか贅沢なことですが、

 

読書に限らず映画を観たりして心を動かし、何気ない毎日を彩り深くしていけると良いですね。

 

 

杉拡大

座右の銘は上善如水! 身体のお悩みが少しでも楽になるようお手伝いさせてください! お気軽に漢方相談くださいませ! お電話、ご予約いただけましたら幸いです!!

お気軽にご相談ください!! お電話、ご予約いただけると幸いです!

佐賀県伊万里地区ご相談受付→  回生薬局伊万里駅前店  0955−24−9033福岡県福岡市城南区地区ご相談受付→ カイセイ薬局荒江店  092ー841ー2306

漢方相談の受付内容はこちらをご覧ください

相談チラシ表

漢方未病ラボ薬局 イベント一覧はこちら

気軽にできる漢方相談