回生薬局TOPカイセイ薬局 情報コラム漢方・鍼灸について ≫ 漢方相談担当者の「おかげさま便り」2015年12月その3

漢方相談担当者の「おかげさま便り」2015年12月その3

佐賀県伊万里市、福岡県福岡市の回生薬局(かいせいやっきょく)です。回生薬局の漢方相談担当者たちが、普段感じたことを書かせていただいております「おかげさま便り」です!2015年12月号 その3です。「ダイエット」について「もりやま」が担当します


漢方・鍼灸について

■漢方相談担当者の「おかげさま便り」2015年12月その3

2015.12.19


佐賀県伊万里市、福岡県福岡市の回生薬局(かいせいやっきょく)です。

回生薬局の漢方相談担当者たちが、

普段感じたことを書かせていただいております「おかげさま便り」です!

2015年12月号 その3です。

テレビ・新聞・雑誌などでおそらく毎日見聞きする言葉・・・

「ダイエット」

敏感に反応される方も少なくないと思いますが・・・今回はあえてこの言葉について触れてみようと思います。

語源は古代ギリシャの「生活様式・生活習慣・生き方」を意味するdiaita(ディアイタ)と考えられ、

現代英語のdiet(ダイエット)も本来は「(治療・体重調節などの)規定食」という意味があります。

つまり、やせるためだけでなく、健康維持などのために食事の量や種類を制限するということです。

(ちなみに食の専門家の「栄養士」は英語で「dietitian」と言います)

先日NHKの健康についての番組で日本の女性でやせすぎとされる方の比率が過去最高になったと放送していました。

過度のダイエットで体調をひどく崩してしまい仕事に行けなくなった方、

若い頃のダイエットのツケで骨密度が90歳台になった40歳代の方、

排卵機能不全になり不妊治療を数年継続している方、などなど・・・。

この方々に共通しているのは「過度の食事制限」でした。

1日500~600kcalしかとっていなかった方もいました。

(成人女性に最低限必要な1日のカロリーは1600~1800kcal前後)

ダイエットするとしてまず試すのは食事制限ですが、

ただ漠然と食事量を減らすだけでは「やせた」とは言えずむしろ「やつれた」というのではないでしょうか?

間食を減らし、1日3食をバランスよく腹八分で食べ、適度に運動することが重要だと思います。

寒さが厳しくなるこれからの時期、毎日少しずつでもいいので体を動かして

太り過ぎないように心がけましょう。

もりやま 拡大もりやま でした。

特に、肩こり、頭痛、めまい などのご相談をいただいております。 東洋医学の外治療、耳ツボや身体ののツボなども学んでいます。 福岡メンバーの中で一番のベテラン薬剤師です! 主勤務先:カイセイ薬局四つ角店

お気軽にご相談ください!! お電話、ご予約いただけると幸いです!

佐賀県伊万里地区ご相談受付→  回生薬局伊万里駅前店  0955−24−9033福岡県福岡市城南区地区ご相談受付→ カイセイ薬局荒江店  092ー841ー2306

漢方相談の受付内容はこちらをクリックしてください相談チラシ表

 

漢方未病ラボ薬局 イベント一覧はこちら

気軽にできる漢方相談