回生薬局TOPカイセイ薬局 情報コラム漢方・鍼灸について ≫ 漢方相談担当者の「おかげさま便り」2016年2月その3

漢方相談担当者の「おかげさま便り」2016年2月その3

佐賀県伊万里市、福岡県福岡市の回生薬局(かいせいやっきょく)です。回生薬局の漢方相談担当者たちが、普段感じたことを書かせていただいております「おかげさま便り」です!2016年2月号 その3です。「」について「もりやま」が担当します


漢方・鍼灸について

■漢方相談担当者の「おかげさま便り」2016年2月その3

2016.02.15


佐賀県伊万里市、福岡県福岡市の回生薬局(かいせいやっきょく)です。

回生薬局の漢方相談担当者たちが、

普段感じたことを書かせていただいております「おかげさま便り」です!

最近テレビや新聞でも「ジェネリック医薬品」を扱った番組などを目にする機会が多くなってきました。

 

テレビのCMでも黒柳徹子さん&南こうせつさん(東和薬品)や高橋英樹さん(沢井製薬)でご存知の方も多いと思います。

 

ただ、もし「ジェネリックって何ですか?」と聞かれて十分に説明できる方は意外と少ないのではないでしょうか?

 

ジェネリック医薬品は「後発医薬品」とも呼ばれ、

 

もともと最初に作られた薬(新薬(先発医薬品))の特許が切れた後に製造されるようになった薬のことです。

 

新薬の発売には開発研究費・設備投資費・広告宣伝費など何百億円とも言われる多額の費用がかかっています。

 

そのかかった費用から計算して厚生労働省が薬の値段(薬価)を決定します。

 

新薬の発売までにかかった費用を十分回収するにはそれなりの年月がかかるうえ、

 

新薬には特許も認められるので一般的に発売開始から数年~10年程度はジェネリックを製造・販売することができません。

 

薬局などで「この薬はまだジェネリックがありません」と説明されることがあるのはこういった理由があるためです。

 

次回は「ジェネリックそのもの」についてのお話になりますが、

ジェネリックについて分からないこと、もっとよく知りたいことなどございましたらお気軽にお尋ね下さい。

もりやま 拡大もりやま でした。

特に、肩こり、頭痛、めまい などのご相談をいただいております。 東洋医学の外治療、耳ツボや身体ののツボなども学んでいます。 福岡メンバーの中で一番のベテラン薬剤師です! 主勤務先:カイセイ薬局四つ角店

お気軽にご相談ください!! お電話、ご予約いただけると幸いです!

佐賀県伊万里地区ご相談受付→  回生薬局伊万里駅前店  0955−24−9033福岡県福岡市城南区地区ご相談受付→ カイセイ薬局荒江店  092ー841ー2306

漢方相談の受付内容はこちらをクリックしてください相談チラシ表

 

漢方未病ラボ薬局 イベント一覧はこちら

気軽にできる漢方相談