回生薬局TOPカイセイ薬局 情報コラム漢方・鍼灸について ≫ 漢方相談担当者の「おかげ様便り」2014年11月その2

漢方相談担当者の「おかげ様便り」2014年11月その2

回生薬局の漢方相談担当者たちが、 普段感じたことを書かせていただいております
「おかげさま便り」2014年11月号 その2「“さわやかコミニュケーション”」です。 


漢方・鍼灸について

■漢方相談担当者の「おかげ様便り」2014年11月その2

2014.10.30


佐賀県伊万里市、福岡県福岡市の回生薬局です。

 

回生薬局の漢方相談担当者たちが、 普段感じたことを書かせていただいております「おかげさま便り」です!

 

2014年 11月号その2 「“さわやかコミニュケーション”」です。

 a1180_012678_m

 

先日、ある病院で会計の精算を待っていました。

 

待合室は多くの患者さんや付き添いの方々で混んでいて、

 

私も次の予定が気になり、少し焦りながら待っていたところ、

前に座られた年配のご夫婦の会話が聞こえてきました。

 

a1180_006730_m

「今日はまたえらく長く待たされたね、先生も怖かったし何だかくたびれたよ」

 

「年寄りはせっかちだから、でも本当に大変だね先生は、一人で何十人もの患者さんを診られるのだから」

 

「そうさなあ、こっちは先生が頼りになので待つわけで、先生の方は一人一人違う病気の人をみて、

頭も使うし難しい人の時もあるからイライラする事もあるだろうね」・・・

 

 

 

ご主人は自分たちの大変さを奥さんに語りかけたのですが、

奥さんからは先生の大変さを思い遣った言葉がかえってきた、そして聞かれたご主人も同感され、先生を思い遣られた。

 

a0002_007161_m

私もハットしました。

 

そして受付で働かれている方々に目を向けると、皆さんテキパキと仕事を捌いて

忙しい中「おまたせをしました」と明るい声で丁寧に患者さんたちに応対をされてます。

 

 

 

私は自分の都合でイライラしていたことを反省し、思い出しました。

 

 

回生薬局では毎月、心を育てる月刊誌“ニューモラル”、を社員全員で読み、

楽しい家庭・明るい職場をつくるための心と行いを学んでいますが、

 

a0002_004986_m

 

 

No.539号の“ニューモラル”に“気持ちを伝える”のテーマがありました。

 

 

「自分も大切、相手も大切、何事も基本は“お互いを尊重し合う温かい思いやりの心を忘れないことが

“さわやかコミニュケーション”につながる」

との文章があり、

日頃の心がけが本当に大切であること思い出し、実感しました。

 

 

この心を思い出させてくれた老夫婦に感謝し、心静かに順番を待ちました。

 

 

 平野先生拡大

ひらの でした。 特に、花粉症、蓄膿症、心の悩みなどよくご相談いただいております。


心と身体の悩みなど、ご相談いただければ幸いです。少しでも楽になっていただければと思います。


お気軽にご相談ください!! お電話、ご予約いただけると幸いです!


主勤務先:立花カイセイ薬品

お気軽にご相談ください!! お電話、ご予約いただけると幸いです!

佐賀県伊万里地区ご相談受付→  回生薬局伊万里駅前店

0955−24−9033

福岡県福岡市城南区地区ご相談受付→ カイセイ薬局荒江店

092ー841ー2306

漢方相談の受付内容はこちらをご覧ください

相談チラシ表

 

漢方未病ラボ薬局 イベント一覧はこちら

気軽にできる漢方相談