回生薬局TOPカイセイ薬局 情報コラム伊万里駅前店イベント情報 ≫ 受験生のための漢方講座、開催しました!

受験生のための漢方講座、開催しました!

受験生のために、東洋医学がサポートできることはたくさんあります。
本番まで、これから体力と精神力の試されどころ!


伊万里駅前店イベント情報

■受験生のための漢方講座、開催しました!

2016.10.27


受験生の皆さん、10月も終わりに近づき、本腰を入れる時期になってきましたね!

 

 sp_ino_20140122_1

 

「勉強ってなんでせないかんの?数学なんか、大人になって使わんやん。」

 

という質問を我が子からもらいましたが・・・。

 

 

 

 

おそらく同じ時期の自分も疑問に思っていたと思います。

 

 

 

将来、いったい何パーセントの人が「2次関数」や「微分積分」のお世話になるのか。

 

一生日本から出ないか、もしくは日本語が通じるハワイくらいしか行く予定がないのに、高度な英語が必要なのか。

 

などなど。

 

 

 

もちろん、自分の選択肢を広げるのに、たくさん学んだ方がよいのですけどね。

 

 

もしかしたら広い大地で狩りをしたり、農業が得意だったり、別の国に生まれていたらこの問題にぶつかっていないかもしれませんけど・・・

 

 

 

なんだかんだで、まだまだ学歴社会、日本。

 

日本人である以上、狩りをして暮らすにはかなりの勇気がいります。

 

 

 

やはり、試験は避けては通れませんね~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、私にも高校受験を控えている中3の娘がいますが、親のできることは限られてきますね。

 

 

 

体調管理のサポートと、お金 (;^ω^)

 

主にこの2点。

 

 

 

代わりに勉強してあげるわけにはいきませんから、見ていてやきもきしているお母さまはたくさんいるかと思います。

 

 

 

親として、何かサポートすることができないかな~と考えたとき、東洋医学の知恵は様々な方面で助けてくれますよ!

 

 

 

 

 

まずは、受験に必要な3つの力!

 

%e5%8f%97%e9%a8%93%e3%81%ae%e5%8a%9b

 

 

 

「難しい計算が解けるようになった!」

 

 

「英文がすらすら読めるようになった!」

 

 

 

・・・ということが、漢方のおかげで起こったりはしません(笑)

 

 

 

 

 

でも、それ以外のことについては、結構サポートしてくれますよ!

 

 

本人の持っている力を引き出してくれる、正常にしてくれる、といってよいでしょう。

 

 

 

 

 

本番直前で風邪やインフルエンザにかかってしまった。

 

本番で緊張して頭が真っ白になってしまった。

 

緊張して、おなかが痛くなって下痢をした。

 

前の番、眠れなくて当日あたまがぼーっとした。

 

 

なんてことを聞くと、本番に弱いお子さんは不安に思ったり。

 

 

 

 

 

やらなきゃいけないと分かってるのに、やる気が出ない。

 

なんだかそわそわ焦ってしまって、うまく集中できない。

 

 

なんて、日々の勉強がうまくいかなかったり。

 

 

 

 

10代のお子さんの身体は大人と少し違いますから、それに対応した漢方的なアプローチは、身体と心を落ち着かせてくれます。

 

 

 

 

今回の講座では、この3つの力をサポートしてくれる漢方薬、生薬、アロマ、ツボや経絡についてお話ししました。

14808734_1134633236620269_1102154760_o

 

 

 

お母さんがそういったことを知っていると、「勉強しなさい!」とか「ちゃんと手洗いうがいをしなさい!」という言葉ではなく、具体的にケアしてもらえるので心強いですね!

 

 

 

短い時間でたくさん紹介したのですが、私はアロマセラピストでもあるので、漢方の講座によくアロマが登場します。

13459478_1008006592648308_1880896220_n

 

 

 

アロマにつかう、植物の香りのエッセンスである「精油」は、実は漢方的な使い方もできるんですよ(^^♪

 

 

 

 

考えすぎて、オーバーヒートした脳に働きかける「ローズマリー」。

 

rouzumari

 

 

東洋医学的には脳と関係の深い「心」というところへ働きかける精油です。

 

 

 

ヨーロッパでは中世のころから、記憶のハーブとして親しまれてきました。

 

以前テレビでも、認知症によい、ということでレモンとともに紹介されていましたね。

 

 

 

 

最近は研究も進んでいて、ローズマリーが脳の記憶中枢である「海馬」に働きかけて、長期的な記憶力が60~70%もアップするという結果もあるようですよ!

 

 

 

 

アロマの良いところは、めんどくさくないところですね。

 

アロマポットやデフューザーを使ってもよいですが、ティッシュに垂らしたり、お湯を張ったマグカップに垂らしても、十分香りがひろがります(*^^*)

 

 

そして脳だけでなく、呼吸器にもよく、感染症予防にもなるので、風邪対策にもよいです。

 

 

 

 

 

あと、体調管理で気になるのは、なんといっても「インフルエンザ」!

 

 

 

ちょっとした風邪だとなんと乗り切れても、インフルエンザは起き上がるものきついですから予防が肝心です。

 

 

 

予防接種していても完全に防げるわけではありませんから、心配ですね。

 

 

 

 

 

これには、「板藍根(バンランコン)」がお勧めです!!

14872678_196965137410907_1067946066_n

 

東洋医学の勉強をされている方は結構知っているのですが、日本ではそんなにメジャーではない、板藍根。

 

 

 

 

中国では昔から、秋~冬にかけて風邪やインフルエンザを予防、治療するのに使われています。

 

 

殺菌作用のあるものは多いですが、ウイルスをやっつけるものはめずらしいので貴重ですね!

 

 

お茶にした時の味は、すこしダシっぽいかな?

 

飲むだけでなく、うがいもお勧めです。

 

 

 

 

煮出すのがめんどくさい方、味が苦手な方には、便利な細粒も。

14872482_196965144077573_1862120019_n

 

うっすらキャラメル風味で、溶かしてのんでもよし、カフェオレに混ぜてもよし。

 

 

 

 

 

 

こんなかわいいイチゴキャンディーにも、バンランコン♪

14826461_196965134077574_1888656287_n

 

 

癖がなくて、おいしですよ♡ お子様におすすめ!

 

 

 

 

 

 

 

勉強に煮詰まったとき、一度頭を整理したいときには、これ!

 

「能活精」。

noukassei

 

成分の「レイヨウカク」が、煮詰まって熱がこもってしまった脳の中を、まるで換気扇を回して熱を逃してくれるようにスッキリさせてくれます。

 

もともとは、認知症のために開発された漢方だそうです。

 

 

 

 

 

 

本番に弱いお子さんには、「感應丸気」。

kannnouki

 

♪ 疳虫、乳吐き、こまったな~♪

 

で有名な、樋屋奇応丸(ひや きおうがん)の大人バージョンらしいです。

 

緊張による、のぼせや焦り、下痢、食欲不振、不眠など、様々な症状をつけてくれます。

 

お守り代わりにあると、安心ですね(*^^*)

 

 

 

 

もちろん受験生だけでなく、お父さんやお母さんが使っても大丈夫ですよ!

 

 

「大事なプレゼンがある」

 

「人前でスピーチしなきゃ」

 

 

など、緊張する場面で使うとスーっと楽になります。

 

 

 

 

 

 

予防してたけど直前で病気してしまった、もしくは、風邪が長引いてきついという時。

 

「金よりも価値がある」

 

といわれるほど、とても高価な生薬である「牛黄」。

gou

 

 

牛の胆石を牛黄と呼びますが、「血に気合を入れる」と言われるくらい、身体の血や気を巡らせ身体を元気づけてくれます。

 

弱った体を滋養して、しっかり回復させてくれますよ。

 

 

高いドリンク剤の原料に「ゴオウ」とかかれているものがありますが、そんな理由で配合されているのですね。

 

未病ラボでは「霊黄参」という、牛黄と相性の良い、人参を配合した製品をおすすめしています。

reiousann

 

手元にあると、いざという時安心ですね。

 

いずれも「ここぞ!」という時のものですので、1回分からお分けできます(^_-)-☆

 

 

 

 

 

いろいろ紹介したいものはありますが、最後にお灸をお勧めします!

 14800901_196970857410335_1514710872_n

 

以前、未病ラボ鍼灸院でうちの子供たちを施術してもらった際、経絡によってはちょっと気が足りないところがあったようです。

 

そこに対応するツボへ毎晩お灸していたら、体調ももちろんよくなり寝起きがスッキリしてきたのですが、なによりいろんなことにやる気が出てきたようでした。

 

冷えも少しありましたが、血流もよくなってきたようで、体温も少しずつ上がっているようです。

 

 

 

 

 冷えがあったり、やる気が出なかったり、なんだか足りない・・・というお子さんには、お勧めですよ!

 

最近はお灸の熱さも種類が豊富ですし、香りの優しいものや、火を使わないタイプもありますので、選ぶのも結構楽しいです♪

 

 

 

 

 

 

東洋医学の知恵は歴史が長いですから、今この時代に残っているものは、淘汰されて経験的に良いものが残ってきているんだなぁと思います。

 

 

子供の身体だけでなく、メンタルのサポートもできる、というのは、中高生を子供に持つ親としてはありがたいです。

 

 

 

子供もいろいろ考えて大きくなってきてますから、小さな頃のように親の言葉を素直に受け取ってくれないですし。

 

 

 

もうすぐで大人になってしまう我が子に、こうしてサポートしてあげられるのは、あとどれくらいなのかな~としみじみ思います。

 

 

 

 

 

手がかかったり、心配させられたり・・・ということも、その時は大変ですが、あとから良い思い出になるんでしょうね。

 

 

 

人生のいろいろな場面で、いろいろな角度からお世話になっている東洋医学。

 

 

 

先人の知恵に感謝です!

 

 

 

 

 □ □ □  □ □ □  □ □ □  □ □

 

 さて、11月の漢方講座は東洋医学とアロマを融合した新しい分野、

「漢方アロマ講座」をいたします。

 

 

効能効果で精油を活用するという方法以外に、東洋医学の基本である陰陽五行の考え方をベースにしたアロマです。

 

精油も、漢方薬で使用する生薬からとられた、エッセンス。

 

漢方的なアプローチができます。

 

 

東洋医学、アロマ、両方初心者でも大丈夫ですよ!

 

 

 

●11月15日(火)10:30〜12:00
 漢方アロマ講座

 参加費1,000円

 講師:矢野久美子 

 

 

ご予約は092−406−0336
福岡の荒江四つ角交差点ヨコ、漢方未病ラボ薬局まで。

※お申し込み受付時間(営業時間)
月〜金曜:9:00~18:00 土曜:9:00~13:00 日・祝お休み
※当教室は未病ラボセミナールームにて開催します。


 

 

 

 

漢方未病ラボ薬局 イベント一覧はこちら

お電話・メールにてお気軽にお問い合わせください