回生薬局TOP回生薬局 情報コラム未病ラボイベント情報 ≫ 漢方講座~ダイエットと東洋医学~

漢方講座~ダイエットと東洋医学~

ダイエットに効くといわれているサプリメントや漢方薬。人によって効いた、効かないなど個人差があるとおもいませんか?
運動、食事のバランスはもちろんですが、体質、原因によってダイエット方法もオーダーメイドする必要があります。
東洋医学からみたタイプに分けて、ダイエットに使われる漢方とツボについての講座を開催。


未病ラボイベント情報

■漢方講座~ダイエットと東洋医学~

2017.01.17


「肥満」といってもタイプがいろいろあるのをご存知でしょうか?

 

 

東洋医学では、

 

痰湿タイプ、胃熱タイプ、瘀血タイプ、気滞タイプ、腎虚タイプなどがあります。

 

 

胃腸が弱く、甘いもの、脂っぽいものなど暴飲暴食し、

 

脂肪が多く、むくみや軟便などの症状があるタイプを 『痰湿タイプ』

 

 

 

血がドロドロして巡りが悪く、ホルモンバランスや代謝が悪い。

 

肩こりや頭痛、便秘、痛みなどがでやすいタイプを 『瘀血タイプ』

 

 

ストレスなどで自律神経が乱れ、イライラしたり情緒不安定。

 

便秘やお腹の張り、のどのつっかえ、ゲップ、ホルモンバランスの乱れによる生理不順などの症状があるタイプを 『気滞タイプ』

 

 

ストレスにより胃に熱がこもり、暴飲暴食、過食、口臭が強くなるなどの症状があるタイプを 『胃熱タイプ』

 

 

これらがタイプが原因で暴飲暴食してしまったり、血のめぐりが悪くなり、代謝がおちてしまったりすることで

 

バランスが崩れ、肥満となっていきます。

 

1.14漢方講座4

 

 

暴飲暴食していないのに太る人などはもしかしたら体質、肥満タイプが違うのかもしれません。

 

タイプ、原因が違うのであれば、対処法も薬も、それぞれ違って当然です。1.14漢方講座1

 

気滞タイプの肥満の人には ストレスをとって、気の巡りを改善させる漢方、鍼灸を。

 

痰湿タイプの肥満の人には 痰湿を取り除き、胃腸の調子を整える漢方、鍼灸を。。。

 

タイプに当てはまれば、効率的に痩せることができますし、

 

今まで悩んでいた症状が軽減されるかもしれません。

 

しかし、肥満はバランスの乱れからくるもので、漢方や鍼灸は補助的なもので、

 

魔法の薬、魔術ではないので、食事量や運動はしっかりコントロールをし、

 

東洋医学を上手に利用して健康的にダイエット、健康美人に!1.14漢方講座2

 

 

次回の漢方講座は2月27日  10:30~12:00

 

肝が高ぶりやすい春に向けて、「ストレスと東洋医学」の講座です。

 

参加された方には 『香り』のプレゼント!是非ご参加ください!

 

 ご予約受付中です。

 

 

漢方未病ラボ薬局    TEL 092-406-0336

 

 

%e7%9f%a2%e9%87%8e%e4%b9%85%e7%be%8e%e5%ad%90%e7%80%ac%e6%88%b8%e3%81%8b%e3%81%8a%e3%82%8a

 

 

漢方未病ラボ薬局 イベント一覧はこちら

気軽にできる漢方相談